VIP投資顧問について
VIP投資顧問の実態とは?

実績なしの投資顧問は淘汰されるべき

<p>淘汰</p>

生の批判口コミは存在する

VIP投資顧問に対する悪い口コミの大半が悪質広告業者の捏造口コミであったとしても、なかには真の利用者による厳しい口コミも存在しているはずですから、それらの真実の口コミについてはVIP投資顧問は真摯に受け止めるべきでしょう。

まず、投資顧問会社には、その筋のプロフェッショナルが在籍しているとは言え、予想や助言は100%ではありません。必ず思惑に反した結果になることがあります。つまり損失に導かれるケースがあるということ。これはVIP投資顧問に限らず、あらゆる投資顧問会において言えることです。

期待しただけ批判は強くなる

個人投資家がVIP投資顧問を利用して良い結果にならなかった場合、金銭的損失は怒りや恨みと結びつきやすいですから、その期待値も併せてVIP投資顧問に対する大きなクレームや批判となることは当然でしょう。そして、それは投資顧問会社にとっては宿命であり、避けては通れないことです。

よって、真の利用者によるVIP投資顧問への批判は存在するでしょうし、それは一利用者からの個人的な“意見”や“感想”なわけですから、非常に貴重なものです。なかには、その怒りや恨みの深さから話を誇張するなどして批判的な書き込みを執拗に繰り返す利用者もいるかもしれません。

顧客の厳しい声は大切

たとえ、それが営業妨害に抵触しかねないレベルであったとしても、そうした利用者を生み出してたのは紛れもなくVIP投資顧問なのですから、その現実を受け止めそうした声すらも尊重するべきだとはおもいます。本来、そのような利用者からの生の声というのは非常に貴重なものです。

企業側はお客様の声を材料にサービスの改善や向上をはかることが当然であり、それが企業努力です。しかし、悪質業者による捏造口コミにより、その機会すらも阻害されているという点もここでは指摘しておきたいことです。

実績なしの投資顧問は淘汰されるべき

悪質業者が他の業者の信用を失墜させるような捏造口コミをするのは、自己利益だけを考えた広告的戦力でしかなく、自分さえ良ければ何でも良いといったモラルハザード全快の愚行と言えるでしょう。同業他社への営業妨害となることは勿論、消費者を欺く行為となっているのですからただの社会悪でしかありません。

実力や実績のない投資顧問会社が生き抜いていくには、そのような戦略を取らなければ生き残れないのかもしれませんが、投資顧問業界のイメージ低下にもなりますし、さっさと淘汰されることを願うばかりです。新参の投資顧問会社には注意して、少なくとも5年以上の運営実績のない会社は避けた方が良いかもしれません。今だけ自分だけで“金儲け”ばかりを考える会社が参入してくると、本当にろくなことがありませんね。